くら寿司すしペットの作者は誰?ぬいぐるみ・グッズも確認!

くら寿司がハロウィン限定で、キャラクター「すしペット」のハロウィン絵皿と、総額10万円分のお食事券が当たる企画を開催しているようです。

>詳しくはこちら

この「すしペット」。

最近、人気上昇中なんだとか。

確かにカワイイキャラクター達ですね♪

お皿もカワイイ!

ところで、すしペットの作者って誰なんだろう。

今回のハロウィン企画以外にグッズはあるのかな?

調べてみました。

すしペットとは?

すしペットとは、大手100円回転寿司チェーン店くら寿司の公式サイトで連載中のWEB漫画及びそれに登場する寿司形のペット。
異能バトルものを思わせた前作回転むてん丸とはうってかわって、女子小学生のサクラが主人公で舞台も現代に変わり、ほのぼのとした作風の漫画となった。
内容は、サクラとその家族がくら寿司に食事をしに来たところ、ビッくらポンからしゃりわんこというすしペットが飛び出し、飼うことになったというもの。
第12話よりむてん丸が登場し、今後の展開が大きく動くことが予想される。

要するに、お寿司の形をしたキャラクターだということですね。

ネットでも、評判上々です。

こちらから無料でWEB漫画がご覧になれます。

>「すしペット」WEB漫画

作者は?

では、気になる作者は、どなたなのでしょう。

調べてみましたが、公式には出てきませんでした。

ただし、ツイッター上で、この方が作者ではないかと思わせる呟きを見つけました。

この方は、創作版権の絵を描かれているようなのですが、今回のくら寿司のハロウィン企画の時にこのように呟いています。

自分で描いていることを暗示しているようにもとれますね。

さらに、ツイッターを掘ってみると、このような呟きが。

すしペットの更新をお知らせしています。

「私が描きました」とは公表されていないので、正確にはわかりませんが、これはもう間違いないと思って良いのではないのでしょうか。

この方は、ミヒラ三平というペンネームで活動されているようです。

グッズは?

すしペットのグッズ販売は行っていないようです。

ただ、ツイッター情報によると、クレーンゲームの景品として出ていることがあるようです。

ゲーセンに行ったときは、ちょいと気にかけてみましょう。

クレーンゲームでとられた景品は、メルカリやヤフオクなどに出てくることがありますので要チェックです。

くら寿司のWEB漫画は単行本で販売されていますので、こちらもチェックしてみてくださいね。

>通販サイトを見てみる

まとめ

くら寿司の人気キャラクター「すしペット」。

作者は、ミヒラ三平ではないかと推測しています。

現在、グッズの販売はありませんが、クレーンゲームで手に入ることがあります。

気になった方はチェックしてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です