一風堂「振る舞いラーメン祭」実施店舗・参加方法・特典内容を確認!

ラーメン店「一風堂」が創業33年を迎えます。

これを記念して「振る舞いラーメン祭」という神イベントを開催するとの情報を得ましたので、実施店舗や参加方法、特典内容など確認していきたいと思います!

(引用:一風堂ウェブサイトhttp://www.ippudo.com/news/33rd_furumai/)

 

おめでとうございます。

ヨメ

ワクワク♪何かもらえるの?

「振る舞いラーメン祭」の概要

創業を記念して、ラーメンを昼330杯、夜330杯の合計660杯を無料にてご提供いたします。

イベント当日は、一風堂の2大看板商品「白丸元味」「赤丸新味」のいずれか1杯を選べるようです。また、替玉は1玉まで注文可能なんだとか。太っ腹ですね!

一風堂美味しいですよね!私も大好きです。

あの付け合わせのモヤシがまた良いんですよね。

さて、「振る舞いラーメン祭」はいつ実施されるのでしょうか。

実施日

実施日は、2018年10月16日(火)です。

1985年の10月16日が創業日とのことですが、そんな昔からあったとは知りませんでした。

では、実施店舗とみていきましょう。

実施店舗

全国32店舗で実施予定です。

詳細は、こちらでご確認ください。

参考

実施店舗

現在、一風堂は80店舗程展開されていますが、そのうちの32店舗で実施とは頑張りますね。

1店舗で660杯とすると、32店舗で21,120杯。

一杯700円としても、1400万円強の提供!!

なんか申し訳なくなってきました。

ゴチになります!

では、続いて参加方法はどうでしょうか。

参加方法

午前の部と午後の部でそれぞれ店舗毎の指定の時間に整理券を配布するようです。

整理券の配布時間は、10月15日17:00頃に告知予定です。

店舗によって時間が異なることがあるようですので、詳細は一風堂ウェブサイトにてご確認ください。

参考

一風堂ウェブサイト

さてさて、ここが迷いどころです。

「白丸元味」と「赤丸新味」どちらを選ぶ?

今回のイベントでは、2大看板商品である「白丸元味」と「赤丸新味」のどちらかを選ばないといけません。

白丸元味
原点の一杯
創業当時から今に引き継ぐ一風堂のとんこつラーメンの本流であり、原点の味。18時間の調理と、丸1日の熟成を経て、とんこつの旨味を極限まで抽出した豊かで香り高いシルキーなスープに、博多らしい細麺、丸刃麺線26番がマッチします。

赤丸新味
革新の一杯
自家製の香味油と辛みそを加えることで、一杯のラーメンの中でいくつもの味の奥行きと調和を楽しめます。麺は弾力と存在感を表現した角刃麺線22番。白丸が正統派のとんこつラーメンならば、赤丸新味は豚骨ラーメンの可能性を広げた“革新派”。 コクと深みを追求した、一風堂の自信作です。

これはもう好みになってきますが、一風堂のラーメンを初めて食べる方は、基本の「白丸元味」が良いかもしれません。

ただ、少し貧乏くさい話ですが「白丸元味」より「赤丸新味」のほうが100円ほどお高くなってますので、「赤丸新味」を選んだほうがお得感はありますね♫

特典内容は?

ラーメン一杯無料に加えて、参加者には2019年10月15日までの期間、1杯のラーメンにつき替玉1玉が無料になる「替玉年間パスポート」の配布もあります。

また、替玉1玉から、半熟塩玉子1個もしくは白ご飯1杯に変更することも可能ですとのことです。

これは、お得過ぎます!

まとめ

・実施日は、10月16日。

・参加方法は、先着で整理券配布。

・ラーメン一杯と替玉年間パスポートがもらえる。

年に一度、来年もあるかわからない神イベントです。

ご都合があえば参加してみてはいかがでしょうか。

今まで一風堂に行ったことがない方は、良い機会になりますね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です