沢尻エリカ尿検査で陰性!薬物が検出されなかった理由は?

 

先日、実力派女優・沢尻エリカさんが

薬物使用の疑いで逮捕されましたね。

本人によると10年以上前から薬物をやっていたんだとか・・・。

10年以上前というと仕事が忙しい時期ぐらいですね。

そんな沢尻エリカさんが尿鑑定して“陰性”だったことが分かりました。

なぜ“陰性”だったのか?について調べてみました。

沢尻エリカ尿鑑定シロの理由は?

まず、沢尻エリカさんが所持していた合成麻薬(MDMA)を

使用した場合、尿に成分が出る期間は約3~4日。

ということは、それより前にMDMAを使用していたことが分かります。

なので尿鑑定で“シロ”だったんでしょうね。

これで沢尻エリカさんの薬物の罪は軽くなるのでは・・・?

と思いましたが、

尿鑑定で検出されなかったら“毛髪鑑定”に進むようです。

“毛髪鑑定”は薬物成分が残る期間約90日です。

90日だと常習者の場合かならず“陽性”反応がでますが、

毛髪鑑定だけでは使用した時期の特定が難しく

使用していたことを裏づける証拠としては不十分のようです。

これまで薬物使用してきた芸能人の方は

あっさり“陽性”反応が出てきましたが

沢尻エリカさんは一筋縄ではいかないようですね。笑


人間失格 (角川文庫) [ 太宰 治 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です