川崎・登戸無差別殺人事件の犯人岩崎隆一の家族構成は?どんな性格だったのか調査!

28日の朝方に川崎市多摩区登戸で無差別殺傷通り魔事件を起こした岩崎隆一容疑者。

岩崎容疑者は事件後に首を切り意識不明になり
その後、死亡が確認されました。

そんな、岩崎隆一の家族構成、岩崎隆一の性格について書いていきます。

岩崎隆一の家族構成は?

岩崎容疑者の両親は離婚しており、
父親の兄に引き渡し育てられる。

祖母とは仲が悪く、孫同士で差別を受け
いつも怒鳴られて家からは閉め出されていることが多く
岩崎容疑者だけ厳しく育てられたようです。。

幼馴染のお母さんによると
岩崎容疑者のいとこ姉は
カリタス出身かもしれないと話していました。

もしかしたら、岩崎容疑者は親戚に恨みがあって
カリタス生を狙ったのかもしれませんね。

岩崎隆一の性格は?

岩崎容疑者の同級生が証言した岩崎容疑者の性格は、
怒りやすい
学校で暴れていた
乱暴な性格だったんですね。
家庭環境が原因でしょうか、、、。
その結果、
先生によく指導されていた
同級生からからかわれていた
同級生を鉛筆で刺した
ということから、今回の事件を起こしたことに驚きはなく
やっぱりか・・・という感じだったそうです。

また、中学生になると学校を休みがちになり
近所でも見かけることは、ほとんど無かったようです。

親族への取材で、
岩崎容疑者は川崎の自宅に住んでいなかった!
ような発言をしています。

─そちらに警察から連絡などはありましたか。

「いま、おまわりさん来てるよ」

──そうでしたか。事件についてですが……。

「事件のことなんて何もわかりません」

──事件の前までも、岩崎容疑者は自宅にいたのでしょうか。

「ほとんどいないよ。いまはいない」

──一緒には暮らしていなかったんですか?

「暮らしているってものではないですね」

(引用:https://www.news-postseven.com/archives/20190528_1380502.html)

と話していましたが、

近所の人は、最近(朝方)週2~3回自宅付近で見かけたらしく
夜勤の仕事を始めたのかもしれないと言っていました。

本人が自殺したので本当のところは分かりませんが
計画的犯行で、前から準備していたのかもしれません。


>通販サイトを見てみる

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です