レクチンフリー食材の効果でダイエットできるって本当?メリットデメリットを調査!

グルテンフリーはよく耳にすることが多いと思います。

レクチンフリーは、
グルテンフリーの上をいく食事法です。

実は、“レクチン”というのは
100年以上前に植物の体内で発見された
タンパク質の中でも大きなタンパク質の総称です。

現在には、あまり浸透されていませんが
かなり昔から健康法として知られていました。

今回は、レクチンとは
レクチンが体に起こすトラブルは?
レクチンフリーメリットデメリット
レクチンが多く含まれる食材
レクチンフリー食材
レクチンフリーのダイエット効果は?
をご紹介していきます♪

レクチンってなに?

レクチンとは簡単に言うと
植物タンパク質!!!
植物が昆虫、鳥、小動物からの捕食を逃れるための物質で
植物の種、皮、外皮、葉に含まれているタンパク質の一種です。

レクチンが体に起こすトラブルは?

2017年の春に刊行されたスティーブン・ガンドリー博士著の
『The Plant Paradox』というベストセラー書籍の中より
「植物は外敵から身を守るためにレクチンを使う。それを人間が摂取すると、多数の不快な症状と自己免疫疾患を引き起こすことも。その結果、腸のバリア機能にトラブルが起こる『リーキーガット症候群(腸漏れ症候群)』になる可能性もある」
と述べられています。

このレクチンが人間の健康な体の腸を傷つけ、
様々な病気や肥満の原因となっているということでしょう。

主に以下の症状がずっと続いていると
注意が必要かもしれません。

疲労感
皮膚炎
便秘、下痢
頭痛
睡眠障害
関節炎
甲状腺疾患
カンジダ症

レクチンフリーメリット

腸内環境が良くなる
謎の体調不良が治る可能性がある

レクチンフリーデメリット

ストレスになる

レクチンが入っている食材が多いのでかなり制限されます。
気にしすぎてストレスを感じる方も多いようです。

しかし、レクチンフリーといっても一生続けないといけないわけではなく
大量に摂取する事が腸には良くないらしいので、
まずは2週間ぐらいを目安にレクチンフリーをし、
その後、腸内環境が良くなったら少しだけ
レクチン食材を口にするのもいいと思います。

レクチンフリー食材はなに?

レクチンが多く含まれる食材

【穀類】
米、玄米、パン、パスタ、蕎麦、シリアル、、トウモロコシ、キヌア
【野菜】
ジャガイモ、豆類全般、スプラウト、枝豆、トマト、ナス、キュウリ、カボチャ、じゃがいも、唐辛子、ピーマン、パプリカなど
【豆類】
豆類全般、豆腐、スプラウト、
【果物】
メロン、クコの実
【ナッツ類】
ピーナツ、カシューナッツ、チアシード、かぼちゃの種、ひまわりの種など
【糖類】
砂糖、アガベシロップ、マルトデキストリン、人工甘味料
【乳製品】
牛乳、バター、ヨーグルトなど(穀物を餌としている乳牛の製品)
【魚・肉】
養殖されている魚・甲殻類
穀類や豆類などのエサを与えられている牛・馬・犬・鶏
【油】
植物油、大豆油、キャノーラ油、ヒマワリ油、コーン油、ベニバナ油、グレープシード油
※これは日常生活の中で口にすることが多い食材をあげています。

玄米や全粒粉、豆類など
健康食品で知られている食材も入っています。

結構限られてきますね(^^;

できればレクチンが多く入っているものは
食べない方がいいですが、いきなりは無理ですよね。(笑)

今ある食材を使い切らないといけない
白米が好きなど、色んなな理由があると思います。
そういう時は、圧力調理をすることです。
これをする事によって
レクチンが軽減されると言われます。

ただし、麦類(小麦、大麦、ライ麦)
圧力調理でもレクチンが破壊できないので禁物です

豆類はレクチンを多く含むので極力食べないようにしましょう。

いきなり制限するのはストレスになるので
少しずつ自分で調整して試して下さい♪

レクチンフリー食材

【野菜】
キャベツ、オクラ、チンゲン菜、白菜、大根、カブ、ニンジン、ビーツ、キノコ類、ブロッコリー、カリフラワー、ホウレンソウ、アスパラガス、セロリ、玉ねぎ、ニンニク、アボカド、葉菜類(葉っぱのレクチンは体の中で消化できるので大丈夫です。)
【豆類】
納豆、みそ(発酵されている豆類は大丈夫)
【いも類】
さつまいも、じゃがいも、さといも、こんにゃく
【ナッツ類】
栗、クルミ、マカデミアナッツ、ヘーゼルナッツ、ココナッツ
【果物】
ブルーベリー、ラズベリー、イチゴ(ベリー系は少量なら大丈夫です。)
サクランボ、梨、ザクロ、キウイ、リンゴ、柑橘類、桃、プラム、イチジク、デーツ
【乳製品】
穀物を餌としている乳牛の製品以外
【魚・海藻・肉】
天然の魚介類、わかめ
【油】
アボカド油、MCT油、エゴマ油、アマニ油、ギ―(精製バター)

ダイエット効果あるの?

一般的に太りやすい食材として
炭水化物
加工肉
糖類
スナック菓子
があげられます。

これらにはレクチンが
たくさん含まれているので
レクチンフリーすれば
自然と体重が減っていきます。

よって効果ありです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です