新紙幣のデザインがダサすぎるとネットで話題!いつから新紙幣に変わるのか調査!

新紙幣デザインの発表がありました。


(引用:https://www.nikkei.com/article/)

今回は、
新紙幣のデザインがダサい
世間の声
いつから変わるのかを
調査していきたいと思います。

新紙幣のデザインがダサい

新紙幣のイメージが発表されましたが
そのデザインがダサいとネットで話題になっています。

まずは、各新紙幣の
デザインを見ていきましょう♪

一万円札(渋沢栄一)


(引用:https://www.sankei.com/economy/photos)
日本の資本主義発展に貢献した
渋沢栄一(しぶさわ えいいち)

第一国立銀行(現みずほ銀行)
王子製紙、東京海上保険(現東京海上日動火災保険)を
はじめ約500社の設立にかかわり、「日本の資本主義の父」と呼ばれる。
慈善事業や国際交流にも取り組み、
身寄りのない子供らを育てる養育院の院長も務めた。
(引用:https://www.asahi.com/articles/ASM49320DM49ULFA003.html)

裏面の図柄・・・東京駅丸の内駅舎

五千円札(津田梅子)


(引用:https://www.sankei.com/economy/photos)
現津田塾大学創始者
津田梅子(つだ うめこ)

岩倉使節団に同行して渡米し、
日本で初の女子留学生となる。
帰国後、華族女学校の教授などを経て
1900年、私塾「女子英学塾」(現・津田塾大学)を創立し、
開校式で英語力のみならず高い教養を身につけた女性
「オールラウンドウィメン」を目指すようあいさつ。
女性の教育と地位向上に努めた。女子専門教育の先駆者と言われる。
(引用:https://www.asahi.com/articles/ASM49320DM49ULFA003.html)

裏面の図柄・・・藤の花

千円札(北里柴三郎)

(引用:https://www.sankei.com/economy/photos)
日本近代医学の父と呼ばれる
北里柴三郎(きたざと しばさぶろう)

 ドイツ留学中の89年に破傷風菌の純粋培養に成功し、
破傷風菌の毒素を弱める「抗毒素(抗体)」を血液中から発見。
これを注射することで感染症の症状を抑える「血清療法」を切り開いた。
「日本の細菌学の父」と呼ばれる。
伝染病研究所(現東京大学医科学研究所)を設立する際には
今の1万円札の福沢諭吉の支援を受け、
今の千円札の野口英世が一時、ここに勤めた。
1914年に私立の北里研究所を設立するなど人材育成にも力を注いだ。
(引用:https://www.asahi.com/articles/ASM49320DM49ULFA003.html)

裏面の図柄・・・葛飾北斎の浮世絵「富嶽三十六景」

500円硬貨


(引用:https://www.sankei.com/economy/photos)

五百円玉は素材を変更。

肖像画の他に、
偽造防止策として現行の「すき入れ」をより高精細なものにして
一万円札と五千円札に導入されているホログラムを大きくし、
千円札にもホログラムを新たに入れ、
記番号も9桁から10桁にしたようです。

まず、ダサいと言われている理由として
フォントがおかしい
日本らしさがない
海外のパクリっぽい
デザインが古臭い
などネットで言われています。
確かにホログラムが大きくなったことで
ユーロに似て日本らしさがないようにも見えます(^^;


(引用:https://www.instagram.com/rurihappybird/?hl=ja)

また、一万円と千円札の
1が統一されてないのが
気持ち悪い感じや
色あせて見えます。(笑)

マイナスな意見が多かった中、
裏面の図柄に関しては
どれもかっこいい
藤の花が綺麗
裏面は結構好き
など好評でした(^^)

まだ新紙幣デザイン(仮)なので
これから改善されることを期待します。

ちなみに二千円札は流通が少ないため
新紙幣にする予定はないそうです。

 

新紙幣いつから変わる?

紙幣の刷新は20年を目処に行われており
今の紙幣が変わったのが
2004年(平成16年)11月1日になるので
その20年後・・・
2024年(令和6年)11月1日に変更される予定です。

まとめ

今回の新紙幣は、
思っていたよりも違和感の声が多かったです。

もう少し日本らしさを残して
2024年11月1日までに
少しでも改善されることを祈ります(笑)


>通販サイトを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です