大宰府天満宮の初詣混雑状況は?お勧めの駐車場や抜け道(裏道)を調査!

今年も、残りわずかになりました。

大掃除、お正月の準備など

年末が近づくにつれて、やる事が増えますよね(^^;

お正月の行事に欠かせない初詣はどこに行くか決まりましたか?

今回は、太宰府天満宮の初詣混雑状況

お勧めの駐車場への抜け道について調査してみました!

 

View this post on Instagram

 

ちゃんみーさん(@mattya_20)がシェアした投稿

大宰府天満宮の初詣

初詣の参拝者は例年約200万人が訪れます♪

日本の神社初詣参拝者ランキングでは7位でした☆

ちなみに1位は明治神宮でした!さすが東京!

さて、初詣(三が日)の参拝時間は以下の通りです。

初詣参拝時間

・2018年12月31日(月)6:30~1月3日(木)18:30までの間24時間開門

・2019年1月4日(金)6:30~18:30 通常通り※1月4日は参拝の混雑状況を見て閉門

太宰府天満宮の混雑状況

ピーク時期は、1月1日0:00~です。

お家や出先でカウントダウンして
初詣に来られる方も多いので終始大混雑します。

本当に人が多くてお参りするのに何時間もかかった記憶があります(*_*)

 

View this post on Instagram

 

natsuki uedaさん(@ete_moon)がシェアした投稿

1月2日以降は比較的空いてます。

三が日に行きたいけど、混雑を避けたい方は
2日以降に参拝するのがお勧めです^^
1日よりは空いてますが通常よりは多いです!

また、初詣期間中は西鉄太宰府駅から表参道
太宰府天満宮の境内につづく沿道で出店が出ています。

ほとんどのお店が24時間空いているので賑やかです☆

 

View this post on Instagram

 

Kikuo Furutaさん(@kikuofuruta)がシェアした投稿

大宰府といえば梅ヶ枝餅です☆

梅ヶ枝餅の由来は・・・

平安時代、菅公こと菅原道真は太宰府に左遷され、罪人同様の生活を強いられていました。

毎日の食事にも事欠くという暮らしぶりを見かねた近くの老婆(浄明尼)が、

梅の枝に粟餅を巻き付けて菅公に差し入れたといわれています。

太宰府天満宮参道の門前町では、

この故事にならい”梅ヶ枝餅(梅が枝餅)”が作られるようになり、

太宰府といえば”梅ヶ枝餅(梅が枝餅)”と言われるほど名物土産となりました。

(引用:http://umegae-kikuchi.com/yurai)

よく、梅の味がするの?って聞かれますが

しません!(笑)

小豆餡が入った焼餅になります^^

薄い皮の中に、たっぷりのあんこが入ってて凄く美味しいです!

お店によって、粒あん、こしあんがあります^^

是非お土産や、参拝待ちの間に食べてみてください♪

 

View this post on Instagram

 

みささん(@misa1shun4)がシェアした投稿

 

大宰府天満宮お勧めの駐車場や抜け道(裏道)は?

お勧めの駐車場はこちら
駐車場名 大宰府駐車センター駐車場

駐車可能時間 8:00-18:00
12/31-1/3 24時間営業 通常8時より17時頃
住所 福岡県太宰府市宰府1-12-8
電話番号 092-924-2843
駐車料金 1日500円(バイク250円マイクロバス1,300円大型バス2,000円)
支払い方法 現金(先払い)
駐車場形態 地上
駐車可能台数  834台

こちらの駐車場は広く初めて来る方にも停めやすいと思います。
また、参道からも近いので小さいお子様連れにも便利です(^^)

でも、駐車場への抜け道ですが、、、

大宰府天満宮は普段から混んでます。

という事は、初詣のときは尋常じゃないくらい混みます。(笑)

一方通行も多いので間違った抜け道で行こうと思うと大変です(^^;

が、

実は抜け道は、ありません!(笑)

裏道で抜けようとしても
あらゆるところに警備員の人が立っていて
大通りに返されます!!!

確かに、抜け道になるところは
住宅街や細い道なので
近所迷惑や事故を避けるためでしょうね。


(引用:https://www.dazaifutenmangu.or.jp/)

まとめ

抜け道はりませんでしたが、
1月1日を避ければ比較的空いてます。


>通販サイトを見てみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です