映画「プーと大人になった僕」予習・復習は必要?過去作どれから見るべき?

ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」初めての実写映画である

「プーと大人になった僕」が2018年9月14日に劇場公開されました。

彼女や奥様に無理やり誘われて、観に行くことになった方も多いのではないでしょうか。

せっかく観るのなら全力で楽しみたい。

そこで、映画「プーと大人になった僕」を全力で楽しむには、予習や復習は必要か。

この疑問にお答えしたいと思います。

*ネタバレはしませんので、ご安心ください。

「くまのプーさん」って?

「くまのプーさん」は100エーカーの森で暮らすぬいぐるみ達のお話。

皆さんも一度はご覧になったことありますよね?

登場するキャラクター

登場する主なキャラクターを紹介します。

・プー

のんびり屋なくまのぬいぐるみ。

食いしんぼうではちみつが大好き。

仲間を大切にするやさしいさを持つ。

・クリストファー ロビン

心やさしいイギリスの少年。

賢くて思いやりがあり、プーさんをはじめ、

森の仲間たちの起こす問題によく巻き込まれる。

・ピグレット

かわいい小さなブタのぬいぐるみ。

プーさんの親友。

少し気が弱いが、おだやかで誠実な性格。

・ティガー

元気なトラのぬいぐるみ。

お調子もので暴れん坊、仲間によく迷惑をかけるトラブルメーカー。

一方、寂しがりやという意外な一面も。

・イーヨー

ちょっとのろまでお人よしなロバのぬいぐるみ。

なんでも悪い方へと考える悲観的なところがあります。

 

他にも、ウサギやフクロウやカンガルー達も出てきますが

これだけ押さえておけば問題ないと思います。

このキャラクター達が森の中で、ほんわかふんわか暮らしています。

とある評論家は、「くまのぷーさんを観ていると、自分も100エーカーの森にいるかのような気持ちになって観ているだけでただただ癒される」といいます。

その評論家とは、今、目の前で無印良品の「人をダメにするソファ」に寝そべっている私の嫁のことですが。笑

実写版映画「プーと大人になった僕」って?

登場キャラクターを確認したところで、

今回の映画「プーと大人になった僕」のストーリーをみていきましょう。

ストーリー

 

かつて「100歳になっても、きみのことは絶対に忘れない」と約束を交わしてプーと別れた少年クリストファー・ロビン。

月日が流れ大人になった彼は、愛する妻や娘とロンドンで暮らしながら、旅行カバン会社のウィンズロウ社で多忙な日々を送っていた。

しかし、忙しすぎるゆえに家族との約束も守ることができず、思い悩んでいた彼の前に、かつての親友プーが現れ……。

(引用:映画.com)

 

どうやらアニメのほんわかふんわかな雰囲気とは違い

少し大人向けなお話のようです。

世のお父さん方は、心に突き刺さるものがありそうです。

観に行く前に予習や復習は必要?

では、本題ですが、観に行く前に予習や復習は必要なのでしょうか。

結論からいきますと、予習・復習は必要ありません。

予備知識なしで十分楽しめると思います。

登場するキャラクターのことを少し知っておくといいかなという具合です。

少し踏み込んで、より深く楽しみたいという方は、過去の長編5作品をチェックしましょう。

<長編作品>

①くまのプーさん 完全保存版(1977年)
②ティガー・ムービー プーさんの贈りもの(2000年)
③くまのプーさん 完全保存版II ピグレット・ムービー(2003年)
④くまのプーさん ザ・ムービー/はじめまして、ランピー!(2005年)
⑤くまのプーさん(2011年)

時間がない方は、①の長編作品第一作くまのプーさん 完全保存版からご覧ください。

プーさんとクリストファーロビンの関係性が丁寧に描かれていますので

この作品を観るだけで、プーさんの世界観を感じ取ることができます。

そして、なにより今回の実写版のポイントとなる2人のある約束について語られています。

約束については、ネタバレになりますので、ここでは控えたいと思いますが

この約束を意識しながら、今回の実写版を観ると楽しさが倍増すること間違いなしです。

ぜび事前にチェックしてみてくださいね。

(検索するとすぐにでてきますが・・・)

まとめ

今回の実写版「プーと大人になった僕」は、予備知識なしでも十分に楽しめます。

ただし、以下の3点を事前にチェックすると、より深く楽しめると思いますので

参考にしてみてくださいね。

①登場キャラクターとその性格

②プーとクリストファーロビンの関係性

③プーとクリストファーロビンの約束

 

では!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です