ミッシェルバッハ夙川クッキーロゼを当日並ばずに買う方法?

みなさん、クッキーはお好きですか?
甘い香りにサクサクした触感。
いったい誰が最初に作ったんでしょう。
我が家では、クッキーというと家で作るものというイメージがあるのですが、世間では予約半年待ちの伝説のクッキー屋さんがあると話題になっています。
お店の名前は、ミッシェルバッハ。
人気商品は、「夙川クッキーローゼ」というもの。
(引用:食べログhttps://tabelog.com/hyogo/A2803/A280301/28001388/)
定価は18枚入り1,500円ですが、
手に入らないため、Amazonで6,800円で転売されています。
でも、人気といわれると、食べたくなるのが人間の性。
当日、並ばずに食べる方法があると聞いたので確認していきましょう。

なぜ人気なの?

たかがクッキー。

されどクッキー。

味に違いがあるのでしょうか。

こちらのクッキーはかなりこだわって作られているようです。

このクッキーローゼを作るには、とても時間を要する。
先ず、生地を丸めて生地を寝かせる。
次に、型を抜いてから更に寝かせる。
そして、焼き上げて仕上げる。
なんと3日もかけて作られているのだ。この作り方は創業当時(1982年)から変わらないとか。
手間がかかっているため、1日の販売量が制限されているというわけだ。
まさに”幻のクッキー”である。

また、以下の3つの要因が入手困難の原因なのです。

①オンライン販売なし
②予約制は最低3ヵ月前(ほぼ完売)
③当日分は開店前から並ばなければ購入できない

では、この幻のクッキーロゼ。

他に食べる方法はないのか調べてみました。

クッキーロゼを食べる方法。それは同じ製法で作られたクッキー。

調べてみると、

ミッシェルバッハのクッキーローゼと同じ製法で作られているクッキーがあるようです。

そのお店は。

神戸山手・花隈・県庁前にあるケーキハウスフォンテーヌブローさん。

そのクッキーの名前は、「リンツァーアウゲン」といいます。

こちらも、こだわって作られているため

数に限りがあるそうです。

味はミッシェルバッハのクッキーローゼと全く同じではありませんが

似た感じに仕上がってるみたいです♪

まとめ

予約困難な幻のクッキー

ミッシェルバッハの「クッキーローゼ」

公式通販を行っていないため、

転売価格が高騰し、定価の4倍以上に。

同じ製法で作られたクッキーが神戸で手に入ります。

お店の名前は、フォンテーヌブロー。

良かったら試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です